laotourの部屋


   


 

   似非Google home









  

  劇団民藝 「集金旅行」















































































































ロートルのひとり言



2017年12月11日
人工知能ロボットを作る過程で余ってきたRaspberryPi2B、監視カメラも成功したので、カメラ+AIで何か面白いことはできないか?と検討していたが、最近”Google home”など”スマートスピーカー”の話題が盛り上がってきた。
調べてみると、"Google Assistant SDK"なるものが公開され、RaspberryPi3Bに入れて、"homeもどき"を作ったという記事があちこちに散見!。全ての記事が3Bでの実績だったので、2Bでは少々能力不足か?と思いつつも、無謀にもチャレンジ。
各記事の追試はことごとく失敗。”やはりだめか?”と半分あきらめ。
”でも!”と思いながら、昨夜の追試。最後のデモをスタートさせる所まで行ったではないか!
デモをスタートさせ、"OK!Google"と声を掛けたら、何と何と何やら英語が聞こえてきたぞ!
”ヤッター”という次第。2週間ほどかかって試行錯誤の結果、ついに動いたぞー!!
今朝再度動かし、”OK!Google good morning”と言ってみたら、何とニュースらしきものを話した後、今日のスケジュール”シカケンサ”と答えてくれたではないか!
な、何と、Google Assistant は恐るべし。日本語で受け答えするようになったら、もっと面白いだろう!
(Google Homeは日本語対応しているみたい。)


2017年11月2日
先日京都労演のミニ講座に参加した。
12月例会、劇団民藝の井伏鱒二原作『集金旅行』に向けて、劇団からみやざこ夏穂さんを迎えて、劇の場面紹介や色々裏話を聞かせてもらった。
主役クラスのベテランが多く出演しているが、皆70,80の高齢のため、旅公演前にインフルエンザの予防注射に強引に連れて行ったとか。
樫山文枝さんが今までの出演した役のイメージとガラッと変わって、コミカル、そして色っぽい、等々
楽しみな例会になりそうです。


2017年9月13日
監視カメラは順調に作動。WiFiの接続不良については、ルーターの設置場所を変えた。(押し入れ内から窓際の本棚上に移動。)部屋内の見てくれは少々悪くなったが、カメラ位置での通信強度はばっちり。
AC配線をダクト内に収め、設置作業完了。


2017年9月11日
監視カメラの室内での連続動作は十分だった。
取付け器具(手作り)の製作が遅れていたが、やっと仕上がり、カーポートの柱に取り付けた。
非常に不格好な形だが、まあ仕方ないか?余り工作上手でないので。
Raspberry Pi Zero W を使うようにしたので、DC電源も含めてもっと小型化はできると思うが……
折角取付けたが、WiFiが働かない。自宅WiFiの電波が非常に弱い領域だが以前は何とか捉えられていたのに。と、ガックリ。
でもあきらめきれずにWiFiルーターのアンテナの向きを変えていたら、画像をキャッチ。ホッ!
暫く調子を見ることにする。AC配線は仮のまま。


2017年9月5日
8月下旬からCentOS6でのMailサーバーの構築に取り組みだした。参考のサイトの指示通りに実行していったが、なかなかうまくいかない。特にメール受信ができない。あーでもない、こーでもないといろいろいじくりまわしていたが、解決せず。
振り返ってみれば、各サイトの説明内容を十分に理解してなく、指示通りの設定をしていないところもあった。各設定による相互の関係など、十分に把握してなかった。CentOS5では、さほど苦労せずに受信ができていただけに少し安易に考えていたのかもしれない。
 参考にしたのは、
 ”CentOSで自宅サーバー構築”と”Server World”の2サイト。……’関連リンク’にリンク先表示
結局、インターネットのいろんなサイトを参考にし、
・コマンドラインでテストメールの送受信をテストする方法を知った。(telnetコマンド)
・テストした時のログを確認し、不良個所を知る手法を知った。(maillogを調べる)
・上記を含めた、メールサーバー構築のサイトを参考にした。
  メールサーバー構築手順(Postfix/Dovecot):https://genchan.net/it/server/1566/
mailboxの形成が十分でなかったことが、ネックになっていたようだ。


2017年7月27日
CentOS6を導入した実験機でホームページを公開していたが、サーバー機へのCentOS6.9の導入が終わり、
Webサーバー、FTサーバーの動作確認が完了した。
今日からサーバー機での運用を開始する。


2017年7月18日
CentOS6へのグレードアップを開始。
完成するまでの間は、CentOS6を導入し、何とか動いた実験機(DELL INSPIRON5100)でWeb公開を続ける
予定。


2017年7月9日
CentOS6へのグレードアップ・データ移動の実験は、やっと完了。
Webサーバー・FTPサーバーについて、立ち上げ何とか成功。
Webサーバーについては、メインの各ページの表示については左程苦労はしなかったが、リンクを張った
一般ユーザーアカウントによるページ、CGIによる表示ページがなかなかうまく表示せず、苦戦。
ルーターのオープンポートを変えて自宅外からもアクセスできることを確認したので、大丈夫と思う。
暫くこの実験機で公開し、今のCentOS5のサーバーを一気にCentOS6に入れ替えようと考えたけど、ちょっと時間がとれそうでなく、一旦中断。
後日再チャレンジ。


2017年7月2日
暫く前4月末にサーバーの各プログラムをアップデートしようと思ったら、エラー発生。あれー!
エラーメッセージなどをよく見、調査してみたら、参照するミラーサイトを変えたらOKになった、という記事を見かけ、同じようにやってみたが、だめ。
結局、CentOS5のサポートはEOLになったことを知った。Linuxのディストリビューションとしては、かなり長期間サポートを維持してもらってたわけで、EOLもやむを得ないと思う。
関係者の皆様に”長い間、ご苦労様!”と言いたい。
というわけで、今後どうするかを考えたが、
・そのまま放っておく、こともあり?しかしアップデートできてないとチャチコイ個人サーバーであって
 もセキュリティーホールなど見つかると悪用されることも無しとは言えんか?
・”CentOSなんてもう古い、Ubuntuやで!”、”消費電力なんか考えたら、自宅サーバーなんて無駄、
 VPSサービスやで”、等々のインターネットでの声を聞かないこともないが、何せ金もなく時間だけ有り
 の頭の古いロートルだけに、CentOS捨て難し!。
・ハードのPCが12年前の物だけに、32Bitしか無理だがCentOS6なら後2年は使えそう、というわけで、また
 また素人の無茶冒険で、CentOS6に乗り換えることに。
・これまた古いノートPCがあり、CentOS6の設定などに慣れようと悪戦苦闘中!
 現状のWebサーバーのデータだけでも移動できれば、その間にサーバー本体をCentOS6に衣替えできる。

取り組み始めて1週間。いつサーバー本体のグレードアップに入れることやら???


2017年6月3日
久しぶりに各ページをリニューアルした。
LINE、Twitterさらに最近ではInstagramと画像・短文をベースに、主にスマートフォンを使ったスピーディな情報交換が盛んな時代。
私もスマホは使うが、いきなり文書を打ち込み即送信というのに未だになじめない。勿論E-Mailも然り。
紙とペンを使い、書き、文章を見直す。という思考形態から抜け出ていないロートル世代。
というわけで、相変わらず古臭いホームページ形式を続けている。
文章・データの電子化とは名ばかり。ペンがキーボードに、紙がディスプレイに変わっただけである。

写真など少し精度は落ちるかもしれないが、今回のリニューアルはできるだけ軽くなるよう心がけた。
アフェリエイトの契約もなくなったので、商業広告はほとんど廃止。



ページTOPへ