laotourの部屋

監視カメラ設定詳細2                                               


1.使用した部品
 Raspberry Pi Zero W    (microSDHCカード 16GB)
 Raspberry Pi Zero用ケース(組立式)  Adafruit 
 カメラケーブル Raspberry Pi Zero用
  以上はいずれもSWITCHSCIENCEで購入
 カメラモジュール Raspberry Pi用 (Rev.1.3)  以前購入の物
 RaspberryPi用電源 スマホ用に余っていたDC5V電源を流用
 プラスティックケース CD等保管用(100均で購入)
                
2.製作経過
2-1 初期設定(OSインストール)
 @ OSの入手
  今まで監視カメラを動作させてきた実績から、OSはRaspbianを選択した。
  Raspberry Pi Zero Wは、Raspbian Jessieは、2017-03-02以降のVersionしか対応していないとの情報
  だったので、下記の物を入手しました。
   2017-07-05-raspbian-jessie.zip
  OSの入手は、本家英国からの入手はダウンロードに時間がかかるため、国内のミラーサイトを利用。
   北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)のftpサーバーサイトを利用(http://ftp.jaist.ac.jp)
 A OSのimgファイルをmicroSDHCカードに展開
  microSDHCカードをフォーマット(SDformatter使用)後、
  上記のzipファイルを解凍した下記のイメージファイルをカードに展開。(Win32Diskimager使用)
   2017-07-05-raspbian-jessie.img
 B OS起動後SSH接続するための準備
  現在のjessieは、初期状態ではSSHサーバーは起動しない。従って、Raspberry Piにディスプレー、
  キーボードなどを接続。NOOBSを書き込んだmicroSDHCカードをセットして起動させた後、Raspbianを
  選択してインストールしてから、SSHサーバーを起動するという面倒なことが必要です。
  以前のように、raspbianをSSH接続で直接起動したいといろいろ調べたら、下記の方法で可能らしい。
   SDHCカードのルートディレクトリに、sshファイル(テキストファイル、拡張子なし)を作成する

2-2 OS起動、初期設定
 @ 上記2-1の手順で作成したmicroSDHCカードをRaspberry Pi Zero Wにセットし、Raspberry Piの電源
  を入れる。LEDの点滅具合からOSは起動したみたい。
  しかしSSH接続できるポートが現れてこない。あちゃー、ダメか?
  あきらめきれずにさらに調べたら、Zero W は、ネットワーク(TCP)は無線LANしか無い。従って、
  WiFi情報(SSID,Key情報)をあらかじめ指定しておかないとネットワークに接続できない。ということ
  が解った。……当然と言えば、当然のことだ!!
 A WiFi情報ファイルの作成、カードへの書き込み
  記事を参考に下記のようなファイルを作成。microSDHCカードへコピー。
   wpa_supplicant.conf

    country=JP
       ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
       update_config=1
       network={
           ssid="使用するWiFiのSSID"
           psk="使用するWiFiのkey”
    }
 B 以上の状態で電源を入れるとOSが起動し、SSH接続が可能になった。
 C OSの作動上の各種条件の設定…通常Raspberry Piを動作させる下記のような条件の設定
  設定の詳細については多くの記事が公開されています。下記の参考サイトなどを参考にしてください
  ・ユーザー設定関係 
    rootのpw設定、通常ユーザーの作成・sudo groupへ参加、piをsudo groupから削除
  ・raspi-configで各種設定
    Hostname、使用言語(jaJP UTF8を主にする)、Timezone(Asia,Tokyo)、WiFi(Japan)、
    FileSystem拡張
 D 無線LANのアドレスを固定化
  /etc/dhcpcd.conf に追加記入後、Raspberry Piを再起動
   interface wlan0
     static ip_address = 192.168.0.67
     static routers = 192.168.0.1
     static domain_name_servers = 192.168.0.1
       wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

2-3 カメラモジュールの作動
 監視カメラ設定詳細1で書いたように、motion-mmalは現状うまく使えない。
 調査の結果、監視カメラソフトウェアーmotionをRaspberry Pi用純正カメラモジュールで使用するため
 のドライバを使用すればいいことが解った。
 @ motionのインストール、Raspberry Pi起動時motionを動作させる
  sudo apt-get update
   sudo apt-get install motion
  /etc/default/motion に追記
   start_motion_daemon=yes
 A 純正カメラモジュール用v4l2ドライバの導入
  /etc/modulesへ追記
   bcm2835-v4l2
  raspi-configでCameraをEnable設定へ
 B motionの動作条件の設定 /etc/motion/motion.conf
  daemon off    #動作が安定後はonに戻す
   output_pictures off    #動きを検知した時の静止画を保存する場合は、on
   target_dir /home/(user name)/camera    #動きを検知した時の動画、静止画の保存場所。
   標準は/var/lib/motionだが、任意設定可能。
   stream_localhost off    #撮影した画像を自分以外の人にも公開する
   stream_auth_method 1    #camera撮影画像をブラウザで見る時にBasic認証が必要
   stream_authenentication (username):(password)    #Basic認証用ユーザー名・パスワードを規定

  *動きを検知時の静止画・動画を正しく保存できるようにするため、上記のtarget_dirに対して
    パーミッション 755、所有 motionに変える。
     sudo chmod 755 /home/(user name)/camera
     sudo chown motion,motion /home/(user name)/camera
 C ポートの開放
  カメラモジュールでの撮影画像は、標準ではポート8081で配信されています。
  8081portを開放すれば、インターネット空間から撮影画像が見られます。
 D その他
  motionの設定により、動きを検知した時の静止画・動画の保存が可能です。私は、動画のみ保存し、
  sambaサーバーを導入して、Winndows端末から時々確認しています。
  保存されるファイル数がかなりになるため、自動消去など必要ですが、私の今のプログラミング能力
  では無理なため、定期的にdelete操作しています。

   参考にしたサイト
    ・ついに来た Raspberry Pi Zero W
     http://qiita.com/shigeru-yokochi/items/5d273b3444ffb008c778

    ・Raspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する
     http://qiita.com/mascii/items/0d1a280ac58ed8f6f999

    ・Raspberry Piと純正カメラモジュールで監視カメラを作る、おそらく正しい方法jessie版(motion + v4l2
     ドライバ)
     http://qiita.com/rukihena/items/95da3860f9ca86c39f8d


                              監視カメラ設定詳細1に戻る


ページTOPへ