観 劇

 京都労演で一緒に劇を見ませんか!
 京都労演は鑑賞団体です。6回/年の例会があり、劇を鑑賞しています。
 また単に劇団側から示される劇を鑑賞するだけでなく、見たい劇・要望を劇団側に伝え、共に良い劇を作るため頑張っています。

京都労演の詳しいことは

これからの例会

2020年 8月

劇団前進座公演

 『東海道四谷怪談』

作/鶴屋南北 台本/小野文隆 演出進行/中橋耕史
出演/藤川矢之輔、河原崎國太郎、嵐芳三郎、他  

日時= 8月30日(日) 14:30 開演
    8月31日(月) 18:30 開演
  
会場=呉竹文化センター 

非情な男女のもつれ、からまる忠義と不忠――
当代俳優・スタッフ総力を挙げておくる「前進座歌舞伎」!

鶴屋南北の最高傑作、また歌舞伎屈指の人気作として、今も私たちを楽しませてくれる名作が例会に登場! 怪談といえば「四谷怪談」、幽霊といえば「お岩様」。ケレン・カラクリに満ちた「髪梳き」「戸板返し」「提灯ぬけ」等など、驚きの名場面。「お岩・伊右衛門」のメインストーリーに、「お袖・与茂七・直助」のサイドストーリー、めったに上演されない「三角屋敷の場」を加えた前進座版「四谷怪談」、ご期待ください!

(ポスターは、2016年5月劇団創立85周年記念公演 より)

2021年 1月 に開催延期

劇団銅鑼公演 

『おとうふコーヒー』

作/詩森ろば 演出/青木 豪
出演/千田隼生、谷田川さほ、栗木 純、他  

日時= 2021年 1月 2日間(予定)
  
会場=呉竹文化センター 

高齢化社会の現代。人生の終い方をユーモラスに描く。

 介護、いじめ、性同一性障害…様々な問題を、認知症のふみ子さんが包み込む。
 「おとふうとコーヒーは認知症に効く!」と信じるふみ子さんの優しさ溢れる物語。

2020年 9月以降

2020年後半も、楽しく興味深い作品がいっぱいです。

2021年に再演(予定)

トムプロジェクト公演

『Sing a Song』

 

作/古川 健 演出/日澤雄介 
出演/戸田恵子、大和田獏、鳥山昌克、岡本 篤、他  

日時= 2021年 2日間(予定)
  
会場=呉竹文化センター 

淡谷のり子の自伝に構想を得た舞台。

 戦時下、ジャズやブルースが敵性音楽として禁じられていく中、流行歌手・三上あい子は皇軍慰問を強いられるが……
 「軍歌は決して歌わない」という姿勢を貫いた淡谷のり子をモチーフに、戸田恵子さんが歌い、演じます。

お問い合わせ➡京都労演 TEL075-231-3730 FAX075-211-7855

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする