観 劇

 京都労演で一緒に劇を見ませんか!
 京都労演は鑑賞団体です。6回/年の例会があり、劇を鑑賞しています。
 また単に劇団側から示される劇を鑑賞するだけでなく、見たい劇・要望を劇団側に伝え、共に良い劇を作るため頑張っています。

京都労演の詳しいことは

これからの例会

2019年 6月

青年劇場公演


『みすてられた島』

原作・演出/中津留章仁            
出演/吉村 直、葛西和雄、藤木久美子、他  

日時=6月16日(日) 15:00 開演
   6月17日(月) 18:30 開演
  
会場=呉竹文化センター 

20XX年 寝耳に水の「独立話」に 小さな島は 大さわぎ

本土から切り捨てられた小さな島の独立騒動。
社会派青年劇場×若手小劇場作家の、近未来コメディ!

2019年 8月

劇団 昴公演

『アルジャーノンに花束を』

作/ダニエル・キイス  脚色・演出/菊池 准
出演/町屋圭祐、槙乃萌美、宮本 充、他

日時=8月25日(日) 15:00 開演
   8月26日(月) 18:30 開演

会場=呉竹文化センター 

知能指数は低いが、人がよくて心優しいチャーリーは、
人類初の手術で天才に生まれ変わる……

発刊から50年以上経た今も、本屋で平積みの世界的超ベストセラー小説を舞台化。
’90年の初演以来、繰り返し上演されてきた劇団昴の財産演目。

あの感動をふたたび!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする